講座の内容

日本には、多数の外国人が在住しています。
日本国内で、あるいは海外の各地で、日本語を教えたい、と思った時、日本語教師を養成する講座を受講したりします。
各種の学校が、資格取得に向け、教師養成に向け色々なカリキュラムを組んでいます。
 実際にスクールに通学する場合もあれば、通信で受講する場合もあります。
レッスン内容としては、日本語教育能力検定試験への対策を始め、実技を学んでいく形をとります。
仕上げとして、実際に就職活動の際のアドバイスまでを指導してくれます。
 実技レッスンにおいては、外国人の方を生徒として招いての模擬なども行い、教室内でおこると思われる風景を経験します。
実践を重ねる中で、教師として自らが考えて行動出来る様にしていく内容です。
 

必要な費用

 講座を受講する際にかかる費用については、スクールに通う、通信で受講するなど、形態によって、時間数によっても違ってきます。
 人気のあるスクールでは、1年間の受講料が約60万円ほどになっています。
(大体の目安としてください。
)生徒の人数が多いスクールなどでは、この受講料を支払う形態についても、各種準備されています。
分割払いや奨学金制度を利用したり、ローン会社との提携ができているスクールもあります。
また、教育訓練給付金対象になる場合には、規定の学費が給付されますので、その点もスクールに確認してください。
 他にも、各スクールでサービスを追加しています。
受講生が子供をもつ母親である場合には、何%かの割引を設けるなどもしています。
スクールを決める際には、それぞれのスクールの特徴などを把握してから、申し込む様にしてください。

世界で活躍する

日本語を学びたいという世界の人達はたくさんいて、そのニーズの高さが話題になっています。
その理由としては、日本語を学んで就職に役立てたいというところであり、世界の中でも雇用条件のいい日本で仕事をしたいという思いがあるからでしょう。
こうした理由で、日本語教師は世界でも止められており、養成講座などに人気が飛び火しています。

日本人にとって生まれた時から馴染みのある日本語は、学ばなくても自然と身についたものだと思われます。
しかし、海外から見た日本語は異国の言葉であり漢字やひらがな、言葉のニュアンスなどは全く異なるものです。
日本人にとっても海外の言語を習得するのに時間がかかるのと同じように、専門の日本語教師からの指導で正しい言語を学びたいと考えられています。
養成講座はこうした世界で求められるところで活躍できるチャンスを掴めるものであり、注目されているものなのです。